スタッフ紹介

植村公彦研究員Kimihiko Uemura

専門
A/C及びOOA成形技術
出身
金沢工業大学 大学院工学研究科 機械工学専攻
前職
ハネウェルジャパン(株)、(株)ジーエイチクラフト
担当機器
オートクレーブ、超音波融着機、電磁誘導加熱器、万能試験機、ドラフトチャンバー

研究テーマ

CFRTP接合技術

近年、CO2 排出規制が年々厳しくなってゆく中、軽量で優れた機械特性をもつ炭素繊維材料は航空機だけでなく量産車両にも構造部材として使われるようになってきました。そのような流れの中で、すべてをカーボンコンポジット化するのではなく、適材適所に材料を使うマルチマテリアル化が主流となってきており、異材接合はそれを実現していく上で、重要なキー要素になります。
本研究では熱可塑の特徴を利用して、異材との融着技術を確立します。

今後の目標

様々な方法で融着技術の検討を行い、構造部材として使用できる接合強度をもつ異材接合方法を見出し、実際の量産製造に適用できる連続接合を行える技術の開発を目指します。

ICC以前の活動・経緯

CFRPの試作設計・製造を行う会社に入社して設計部門で5年、成形部門で4年、品質保証部門で5年働き、熱硬化のCFRPのものづくりに携わりました。設計部門ではAmerica’s Cupの日本艇艇体の積層設計、解析、製造現場での指示を行い、成形部門では名古屋万博のバスや日本版スペースシャトルの試験用実大機の成形に関わりました。 その後2年ほど過給機製造メーカーの試作部門で検査を含めた品質管理業務に携わっていた時に、最初の会社の当時上司だった鵜沢先生に声をかけていただき、現在に至ります。

Contents

関戸俊英 教授・技監
西田裕文 研究員
布谷勝彦 研究員
植村公彦 研究員
石田応輔 研究員
白井武広 研究員
坂口真実 研究員
附木貴行 研究員
金﨑真人 研究員
上田久偉 研究員
稲垣昌輝 研究員
保倉 篤 研究員
坂本昭憲 研究員
京元敬介 研究員
乾 伸晃 技師
佐久間 忠 技師
近藤祐市 技師
page top