スタッフ紹介

附木貴行研究員Takayuki Tsukegi

専門
材料設計工学、グリーンケミストリー
出身
金沢工業大学 大学院工学研究科 博士(工学)
前職
九州工業大学 エコタウン実証研究センター
担当機器
X線光電子分光装置、分光分析装置各種、高速液体クロマトグラフ質量分析装置、ガスクロマトグラフ質量分析装置、電界放出型走査電子顕微鏡分析システム、熱分析装置各種、化学・分離反応装置各種、高速液体クロマトグラフ(GPC)

研究テーマ

炭素/バイオマス繊維複合材料の機能性とリサイクル性の評価

プラスチックにバイオマス繊維を混合しても物性が乏しいため炭素繊維を添加することによって改善を図る。また、樹脂と繊維の相溶性とリサイクル性を考えて材料設計を行う。

今後の目標

高分子(プラスチック,繊維)は、生産と同時に分離・処理・廃棄が環境問題として大きく浮上してきている。既存のプラスチック製品に代替できるだけの諸物性を備え、同時にリサイクル用途に応じた研究から、力学物性および環境調和の性能や機能に関する複合材料設計の構造の構築を考察し、使用環境が固定化されつつあった視線を解きほぐし、より広いスケールで諸現象を証明したいと思う。

ICC以前の活動・経緯

九州工業大学大学院 生命体工学研究科 エコタウン実証研究センターにて「熱分解によるポリ乳酸のケミカルリサイクル」と「リグノセルロースナノファイバー/汎用樹脂との複合材料と機能性」を中心に研究をしてきました。ポリ乳酸のケミカルリサイクルでは、押出機内反応(リアクティブプロセッシング)を応用して、ポリ乳酸のケミカルリサイクルを精密制御する研究として、プラスチックのTG/DTAや熱分解GC-MS、動力学シミュレーションで精密分析/解析された熱化学反応を、多数のゾーンに分かれた反応押出機内で連続的に反応条件を設定することで、ポリマーブレンド/ポリマーアロイから、選択的ケミカルリサイクル/マテリアルリサイクルがほぼ定量的に達成できることを実証した。
リグノセルロースナノファイバー複合材料では、ワンポットでリグノセルロースの解繊から汎用樹脂との複合化を可能とした方法を開発し、力学物性を改善した。

論文・受賞歴

主な論文(過去5年)
  1. Selective resource recycling by reactive processing technology and application of agricultural machinery and material of polylactic acid. Koubushi Ronbunshu, Vol. 72, No. 5,(2015)pp.
  2. Examination of polyion complex of Marin Biomass origin by reactive processing. Koubushi Ronbunshu, Vol. 71, No. 1,(2014)pp.17-22
  3. Active Species for Depolymerization of Flame-Resisting Poly(L-lactic acid) Composites Aiming at Their Chemical Recycling Koubushi Ronbunshu, Vol. 70, No. 10, (2013)pp. 596—601
  4. PLA/ABS compounds of pyrolysis simulation analysis and selective resources recycling.
    Koubushi Ronbunshu, Vol. 70, No. 10, (2013)pp. 581—588
  5. Kinetic Simulation Analysis of Thermal Degradation of Poly(lactic acid)/Polycarbonate Blends for Chemical Recycling Koubushi Ronbunshu, Vol. 70, No. 10, (2013) pp. 589—595
  6. バイオマスプラスチックを用いた農業機械部品から農業資材へのリサイクル、農業機械学会誌75巻2号(2013)pp.108
  7. Effects of poly(l-lactic acid) hydrolysis on attachment of barnacle cypris larvae, Polymer Degradation and Stability 97 (2012) 2170-2176
  8. Characteristic Chain-End Racemization Behavior during Photolysis of Poly(L-lactic acid) Biomacromolecules, 2011, 12 (9), pp 3299–3304
受賞歴
  1. プラスチックリサイクル化学研究会 研究進歩賞 「リアクティブプロセッシングによるケミカルリサイクルの精密制御」(2015.6.10)
  2. 日本化学会第92春季年会 優秀講演賞(産業)(2012.5)「ポリ乳酸の再資源化技術について」
  3. プラスチック成形加工学会 第21回 論文賞(2011.6)
    「二軸混練押出機を用いた水酸化アルミニウム難燃剤を含有したポリ乳酸組成物のケミカルリサイクル」ポスター賞4件
Contents

関戸俊英 教授・技監
西田裕文 研究員
布谷勝彦 研究員
植村公彦 研究員
石田応輔 研究員
白井武広 研究員
坂口真実 研究員
附木貴行 研究員
金﨑真人 研究員
上田久偉 研究員
稲垣昌輝 研究員
鄭 泰根 研究員
保倉 篤 研究員
坂本昭憲 研究員
京元敬介 研究員
乾 伸晃 技師
佐久間 忠 技師
近藤祐市 技師
page top