スタッフ紹介

関戸俊英教授・技監Toshihide Sekido

専門
機械工学、複合材料工学
出身
東京大学大学院産業機械工学科
前職
東レ株式会社

研究テーマ

先進複合材料技術全般
  • 機械工学:機械要素技術、自動化技術、生産装置の開発
  • 複合材料:商品設計、プリフォーム形成技術開発、CFRP成形及び加工プロセス開発、製品実用化

今後の目標

  • 革新複合材料研究開発センターにおいて、先進CFRP成形加工技術の研究開発
  • CFRP関連技術の開発や事業化促進、拡大のための産学連携の推進。
    特に、産官との共同研究の推進や技術面/事業化展開のための支援やアドバイザー
  • COI STREAM/センター・オブ・イノベーションプログラムの推進

ICC以前の活動・経緯

  • 大学卒業後、繊維製造会社の研究所に所属以来、一貫して研究・技術開発業務、特に生産装置・プロセス開発及び製品開発を行ってきた。
  • 各種生産設備開発、自動化技術/自動機開発や炭素繊維製造設備の開発、炭素繊維複合材料(CFRP、CFRM)の各種製造(成形)プロセス/後加工技術開発、さらに様々なCFRP製商品開発/事業化等に従事してきた。殆どの熱硬化CFRP、熱可塑CFRPの成形プロセス開発に携わった経験を有する。
  • 商品設計から製造(成形)方法の開発、サンプル試作又は商品化/事業化まで行って来た製品は、以下の通り。
    航空機部材、自動車部品、鉄道車輌、トラック架装品、土木建築部材、風力発電ブレード/制御ソフト、スポーツ製品、各種産業用部材etc.

論文・受賞歴

論文
  • 「-LCM技術各論- SCRIMP」、強化プラスチックス Vol.51,No.11
  • 先端成形加工技術Ⅱ「レジンインジェクション,“RTM/S-RIM”」、最先端プラスチック成形加工シリーズ第5巻・プラスチック成形加工学会編(2014)
  • 最先端プラスチック成形加工シリーズ第5巻・プラスチック成形加工学会編
  • RTM成形法によるハイサイクル大型一体成形技術開発、CFRP車体の成形技術の開発~NEDOプロジェクトから~, Automotive Technology Day 2009
  • 「CFRP航空機部材向け革新成形技術A-VaRTMの開発」,第26回先端技術大賞 優秀論文・研究集(日経BP)
  • “Designing and Processing on CFRP Automotive Structures”, The 13th US-Japan Conference on Composite Materials
  • “A Rapid Resin Injection System for Automobile Members Made by RTM Process”, The 12th US-Japan Conference on Composite Materials
  • “The CFRP Automobile Body Project in Japan”, The 12th US-Japan Conference on Composite Materials
  • “High-Speed manufacturing for high-speed trains”, 2004 JEC-Composites/n゜
  • “FRP Application to Truck Bodies”, 7th Euro-Japanese Symposium
受賞歴
  • CFRPの革新ハイサイクルRTM成形プロセス、衝突エネルギー吸収、リサイクル技術などの開発(2007年)
    複合材料学会賞、フジサンケイビジネスアイ先端技術大賞、先端材料技術協会(SAMPE)賞品・技術賞
  • CFRPの革新RTM及びA-VaRTM成形技術論文(2011年)
  • 型技術協会・技術論文賞
  • CFRP航空機部材向け革新成形技術A-VaRTMの開発(2012年)
    フジサンケイビジネスアイ先端技術大賞・特別賞
Contents

関戸俊英 教授・技監
西田裕文 研究員
布谷勝彦 研究員
植村公彦 研究員
石田応輔 研究員
白井武広 研究員
坂口真実 研究員
附木貴行 研究員
金﨑真人 研究員
上田久偉 研究員
稲垣昌輝 研究員
保倉 篤 研究員
坂本昭憲 研究員
京元敬介 研究員
乾 伸晃 技師
佐久間 忠 技師
近藤祐市 技師
page top