スタッフ紹介

金﨑真人研究員Manato Kanesaki

専門
複合材料工学,材料力学
出身
京都大学 大学院工学研究科 博士(工学)
担当機器
ホットプレス、超音波探傷装置、万能試験機、ひずみ計測システム等、デジタルマイクロスコープ、顕微X線CT、電界放出型走査電子顕微鏡分析システム

研究テーマ

複合材料の接合,修復

学生の頃から,炭素繊維強化熱可塑性樹脂(CFRTP)の熱融着による修復をテーマとしており,現在ではCFRTPの接合部の力学的特性の発現メカニズムの解明を研究テーマとし実験を中心に活動を行っています.また,炭素繊維と熱可塑性樹脂の界面特性の向上に関する研究も行っています.現在,当センターではCFRTPを主な研究対象としているため,材料の成形・部材の接合時に熱可塑性樹脂が樹脂同士,あるいは他材料との接合が必然的に生じます.よりよい複合材料構造を作るにはこれらの接合に関する問題を解決する必要があり,この点で自身の研究テーマがICCの抱えるテーマに対して貢献ができると感じています. 学生時代からの経験をもとに,正確かつ精密な実験を心がけています.

今後の目標

複合材料を一般的な材料として適用し,力学的にもコスト的にも最適な構造物を得るためには,CFRTP同士だけではなく熱硬化性のCFRP同士,またそれらの組み合わせなど,様々な材料間での接合も視野に入れていく必要があります.したがって,現在こそCFRTPを中心に研究していますが,将来的にはCFRP全般の接合に関して,その接着や溶着のメカニズムを解明すること目標にし,FRP構造における接合の適用を拡大したいと考えています.
また,現在は有限要素法による構造・流体の数値解析や,そのためのモデリングについても勉強中です.

ICC以前の活動・経緯

  • 平成21年4月~平成23年3月:金沢工業大学 大学院工学研究科 高信頼ものづくり専攻 修士課程
    金原・田中研究室にて,薄層CFRTPの衝撃損傷と圧縮強度に関する研究に従事.
  • 平成23年4月~平成26年9月:京都大学 大学院工学研究科 機械理工学専攻 博士後期課程
    適応材料力学研究室にて,低速衝撃損傷を有するCFRTPの加熱圧縮をもちいた修復に関する研究に従事.

論文・受賞歴

論文
  • 金崎真人,斉藤博嗣,田中基嗣,北條正樹,金原勲,“薄層化によるCFRTP積層板のCAI強度向上とそのメカニズム(Improvement of CAI Strength and Its Mechanisms on CFRTP Laminate with Thinning in Ply-thickness)”,日本複合材料学会誌,39(3),pp. 89-98,2013.
  • 金崎真人,内城千翔,田中基嗣,斉藤博嗣,西川雅章,北條正樹,金原勲,“熱可塑性を利用したCF/PA6 積層板の衝撃損傷修復と残留圧縮強度の実験的評価(Repair of Impact Damage by Thermoplasticity and Experimental Evaluation of residual Compressive Strength on CF/PA6 Laminates)”,日本複合材料学会誌,40(3),pp. 106-117,2014.
  • 金崎真人,内城千翔,田中基嗣,斉藤博嗣,西川雅章,北條正樹,金原勲,“CF/PA6積層板における熱融着を利用した衝撃損傷修復と圧縮強度 の回復(Repair of Impact Damage by Thermal Fusion Bonding and Recovery of Residual Compressive Strength on CF/PA6 Laminates)”,日本複合材料学会誌,41(1),pp.33-44,2015.
受賞歴
  • 平成21年2月6日:日本航空宇宙学会「日本航空宇宙学会学生賞」.
  • 平成22年8月4日:先端材料技術協会「奨学賞」.
  • 平成26年1月11日:帝人21世紀フォーラム「敢闘賞」.
Contents

関戸俊英 教授・技監
西田裕文 研究員
布谷勝彦 研究員
植村公彦 研究員
石田応輔 研究員
白井武広 研究員
坂口真実 研究員
附木貴行 研究員
金﨑真人 研究員
上田久偉 研究員
稲垣昌輝 研究員
保倉 篤 研究員
坂本昭憲 研究員
京元敬介 研究員
乾 伸晃 技師
佐久間 忠 技師
近藤祐市 技師
page top