News News一覧へ

第6回 土木分野への革新材料実装研究会

平成28年2月24日(水)~25日(木)の2日間において、COI事業におけるアプリケーション開発として「第6回土木分野への革新材料実装研究会」を開催しました。

1日目は、厳しい季節風の影響により過酷環境下である北陸地方において、鉄筋の代替品として注目しているFRPの取組みを、発注者である石川県の方からの説明の下、3つの現場視察を行いました。すなわち、「橋梁を点検するためのFRP製検査路」、「FRP製自転車道橋」および「コンクリート中に埋設されたFRP製の補強筋」を視察し、古いものでは建設されてから約28年経過したFRP製構造物が、塩害環境下でも健全状態を維持していることを確認することができました。

2日目は、北陸地方の熱可塑性FRPの特長を土木分野で活用するために、ニーズ調査・整理を行いました。

写真1 現場視察(FRP製検査路-1)
写真2 現場視察(FRP製検査路-2)
写真3 現場視察(FRP製自転車道橋-1)
写真4 現場視察(FRP製自転車道橋-2)
写真5 現場視察(FRP製補強筋の橋梁)
写真6 ニーズ調査・整理-1
写真7 ニーズ調査・整理-2
page top